院生研究テーマ(一例):

Kazuo Ishiguroの作品における語りと現代世界文学をめぐる「翻訳」の研究 (D3)

現代北米文学における「他者」の概念と「書くこと」との関係 (D2)

Bernard Malamud作品における対話と教え (M2)

“60 年代から現代にいたるまでのユダヤ系アメリカ人作家、特に彼らが作中で好んで描く「他者との対話」、「倫理」というテーマに関心があります。専門的に研究 している作家はBernard Malamudで、特に長編小説群を「対話と教え」という視点から考察しています。”

Ian McEwanの小説におけるモダニズムの影響、時間の概念(Virginia Woolfの作品と関連づけながら) (M2)

J. D. Salingerにおける現実との和解 (M1)

博士論文題目:

水田博子, “Nomadic Imagination: Literary Form and the Politics of ‘Displacement’ in D. H. Lawrence’s Later Works” (2016/03)

Ian Stuart Garlington, “The Adventures of Acidman: Psychedelics and the Evolution of Consciousness in Science Fiction and Superhero Comics from the 1960s Onward” (2015/03)

鈴木元子, 『ソール・ベローの小説にみるユダヤ系主人公の社会移動に伴う階級意識の揺らぎ』 (2014/03)

高谷修, 『ドライデンとポープ:翻訳詩の研究』 (2014/03)

田中和也, “From Skepticism to Self-Parodies: the Transition in Joseph Conrad’s Works” (2013/09)

Sanyat Sattar, “State of Belonging and UnBelonging: A Study of Familial Themes in Major Works of Amitav Ghosh in Reference to Toni Morrison” (2011/09)

金崎八重, “Milton’s Pastoral and Nature in His Early Poems” (2011/03)

麻畠徳子, “In Pursuit of the Author’s Voice in Narrative Space: A Study of Hardy’s Major Novels” (2010/03)

池田景子, “The Quest for Abyssinian Source: The Romantic Myth of Hieroglyphic Representation in William Wordsworth and P. B. Shelly” (2010/03)

乙黒麻記子, “Crossing the Border between Romance and Realism: A Study of Maugham, Stevenson and Charlotte Brontë” (2010/03)

中村仁紀, “Pragmatism and Language in S. T. Coleridge” (2010/03)

馬渕恵里, “Breaking the ‘Bourne’: Literary Development and Achievement of Jane Austen, Charlotte Brontë, and George Eliot” (2010/03)

伊勢芳夫, 『19・20世紀の英国小説におけるアジア表象の変遷―「東洋」の知識化の歴史的・理論的考察』 (2010/03)

太田素子, 『ヴァージニア・ウルフの小説における「瞬間」と「パーティ空間」』 (2010/03)

白川計子, 『詩人たちの二十世紀―モダニズムからポストモダニズムへ』 (2010/03)

村井和彦, 『意味することのもどかしさ―シェイクスピアにおける言語と人間的行為の研究―』 (2010/03)

村里好俊, 『シドニーと同時代の詩人たち―サー・フィリップ・シドニー研究』 (2010/03)

鴨川啓信, 『グレアム・グリーン小説の研究―物語の継承と変容―』 (2010/03)

藤江啓子, 『メルヴィルのアメリカと惑星―空間と時間の広がりの中で』 (2010/03)

関良子, “The Rhetoric of Retelling Old Romances: Medievalist Poetry by Alfred Tennyson and William Morris” (2009/09)

仲渡一美, “Poetics of dislocation: Dylan Thomas as a Marginal Man” (2009/09)

森本道孝, “Invisible Threat: Male-Male Conflicts, Blood Relations, and Family against Nation in Sam Shepard’s Plays” (2009/09)

市橋孝道, “The German Code in Thackeray’s Major Works” (2008/09)

足達賀代子, “The Poetics of Retelling: A Study of The Faerie Queene” (2008/09)

垣口由香, “The Eloquent Body in Beckett’s Plays: The Physicality, the Body Sensation, and the Medium” (2008/09)

仙葉豊, 『デフォー小説の多様性―近代的小説の誕生』 (2008/08)

鈴木俊次, 『D・H・ロレンスのキーイメージとテキスト―「関係性」の視点で』 (2008/08)

伊藤佳子, “The Landscape in Hardy’s Novels: Studies in Interrelations between Man and Nature” (2008/03)

片山美穂, “Sensibility, Sentiment, and Passion: The Romanticism of Maria Edgeworth, Charotte Brontë, and Emily Brontë” (2008/03)

高橋信隆, “Diseases of Civilization in Henry James” (2008/03)

橘幸子, “The Modern Temper of Fitzgerald’s Women: Toward the Threshold of Self-Realization” (2007/09)

片渕悦久, 『回想・思索・物語―ユダヤ系アメリカ作家としてのソール・ベロー』 (2007/01)

川口能久, 『結婚と人間関係の変容―ジェイン・オースティンとE. M. フォースターの小説研究』 (2006/12)

 

広告